【アダム13歳との出会い】〜ウガンダで学んだこと③〜

14102140_1086379808119448_8589692278200810773_n 
「スマイルハウス」に初めて行ったとき、
地元の子どもたちを集めて、
ダンスを披露してくれた。圧巻!

熱烈な歌とダンスの後、
一人の男の子が声をかけてくれた。  

交流初日でAfrican Englishに耳が慣れていなかったことや
そもそもの英語スキルが乏しいので、
なんとな〜〜く…

あとは雰囲気で理解したことによると  
一生懸命に  
◎ダンスの練習時間がとても短かったこと
◎ダンスが完璧ではなかったこと
◎もっと練習をしたら、もっと上手に踊れること    

だからもう一回、ダンスを見てくれたら、  
次の機会があったら、もっと上手に披露できるのに・・・・!!    
もう一回見てくれたら・・・・!!  

ということを、繰り返し繰り返し、伝えてくれた。    
背が高い子でしたが、 13歳の少年で、名前はアダム。
(写真、私の隣のグリーンのズボンの子。)  
精一杯のおもてなしをしたかった!
っていう気持ちが単純にすごく嬉しかった・・!    

確か、披露してくれた踊りは、
Roots & Shoots (ルーツアンドシューツ)
だったと記憶しています。  

アフリカの人たちは、もともと、 大切なことを、
踊りや歌、ことわざを通して、 後世に伝えていたそうです。  

そして、大切な客人をもてなすときには、
必ず歌や踊りを披露するそうです。    

ちなみに、 アフリカの人たちは、野蛮だ。
西洋の平和教育を教えなければいけない。  

そう考える人もいるそうですが、
もともと、アフリカの人たちだって、
平和を愛しているし、 そういう教えは受け継がれていた、と。    

ダンスが完璧に出来なかったことを 一生懸命伝えてくれた彼が、
彼らにとって、ダンスがどれだけ重要なことか、
それが伝統的なことも含めて、 教えてくれたと感じました。    

単純に、一生懸命話しかけてくれたことも嬉しかった〜

トシャさんとはお話していたけど、
初のアフリカで、がっつりお話した、初めての人だよ〜  

そして、こうやってワラワラと、
子どもたちに囲まれることが夢だったよ〜〜。感激。

▼ 圧巻のダンス
14183824_1085463431544419_2056008782583532480_n

▼ 歓迎のために、1時間でも2時間でも踊っていられるそうです

R0013510

▼ これらの楽器を使って踊ってくれました
R0013606

▼ オレンジの縞のお洋服の女の子が、
外国人が珍しそうに、でも、恥ずかしそうに、ニッコリしてくれたのが
印象的でした
R0013524

▼ テラ・ルネッサンスの施設「スマイルハウス」
R0013501

▼ たくさんの子どもが集まっていました。
R0013525